italkiで外国語ネイティブのオンラインレッスンを受けてみませんか?20ドル以上のクレジット購入で10ドルプレゼント!以下リンクからクレジットが受け取れます。

italki公式サイト

スペイン語 フランス語

フランス語の否定文「ne...pas」とスペイン語の否定文「no...」

italkiで第2回目のレッスンが終わりました。

トライアルレッスンの時に教わったフランス語の否定文の作り方が頭に入りにくい。

スペイン語は動詞の前に「no」を付け加えればいいだけだったので、フランス語の「ne...pas」の形は面倒だなーと思ってしまう自分がいます。

しかも「pas」だけでも伝わるし、フランス人は「pas」だけの人も多いよとのこと。

フランス語とスペイン語の否定文について。

フランス語の否定文:ne...pas

フランス語で否定文を作る時は、動詞を「ne...pas」で挟むそうです。

Je ne suis pas étudiant.
私は学生ではありません。

suisがJeに対する動詞êtesの活用なので、suisを「ne...pas」で挟みます。

ちなみにneは「ネ」と読みたくなるけど、「ヌ」に近い発音。

neなしでpasだけでも伝わる

フランス人は「ne...pas」と言わず、「pas」だけで否定文を作ることが多いようです。(先生談)

Je suis pas étudiant.
私は学生ではありません。

neが落ちるだけなので、語順は変わりません。動詞の後に否定を表す「pas」が来るってことよね。

スペイン語:動詞の前にnoを置くだけ

スペイン語の否定文の作り方は簡単です。動詞の前に「no」を入れるだけです。

No soy estudiante.
私は学生ではありません。

noを入れるか入れないかで否定か肯定かが判断されるので、noが省略されることはありません。

どうしてもnoと言いたくなっちゃう

否定文=noと脳が思ってしまうのでneじゃなくてnoと言いたくなってしまうのと、neが省略される場合(pasだけの場合)先に動詞が来る語順に慣れないです。

動詞の前に否定しておきたくなっちゃう。

そして発音が「ネ」ではなく「ヌ」なのも考えないと出てこなくて、「ジュネ」と言った後に先生に「ジュヌ」と直されるルーティンみたいになってます。

はぁーフランス語の発音難しい...。

毎日スマホで手軽に着実に英語の自主学習!ドラマ仕立てで楽しみながら、目的に合わせた英語が学べます。ディクテーションやシャドーイングを通して、力がつくのが実感できますよ。

英検取得なら3級〜1級に対応した新日常英会話コース

▶︎ スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

実践を学ぶならビジネス英会話専用コース

▶︎ スタディサプリEnglish ビジネス英会話

TOEICスコアアップを狙うならTOEIC対策コース

▶︎ TOEICテスト対策コース

  • この記事を書いた人

moni

多言語学習中です。理解度はスペイン語>英語>フランス語。フランス語はほぼゼロからスタート。スペイン語の知識をベースに英語やフランス語を学ぶスタイルになってます。
▶︎自己紹介はこちら

-スペイン語, フランス語
-

© 2022 多言語学習の窓 Powered by AFFINGER5