italkiで外国語ネイティブのオンラインレッスンを受けてみませんか?20ドル以上のクレジット購入で10ドルプレゼント!以下リンクからクレジットが受け取れます。

italki公式サイト

英語 スペイン語

英語にあってスペイン語にない副詞 abroadとhome

英語の問題集をやっていると、homeやabroad、overseasなどの単語に前置詞がつかないというのが正誤問題などでよく出題されます。

これらの単語は「〜に」の意味がある副詞だから、家に帰る“go home”、海外に行く“go abroad”となってtoのような前置詞は入りません。

スペイン語で同じような単語あるかなと考えてみたのですが、hereにあたるaquí、thereにあたるallí/ahí、outsideにあたるfueraくらいしか思いつきませんでした。

英語の“abroad”や“home”にあたる副詞はスペイン語には存在しないので、これらはスペイン語では前置詞+冠詞+名詞で表現することになります。

英語の副詞とスペイン語の副詞の違いを考えてみました。

go home=voy a casa

英語で「家に帰る」という時は“go home”と言いますが、スペイン語では

Me voy a casa.
Vuelvo a casa.
Voy para casa.

などの言い方があります。

もう少しくだけた感じで、友達に「帰るね」と言う時は

Me marcho.

も使うかな。この場から去ります、というニュアンスです。

実際に会話する時は「a casa」を省くことが多く、“Me voy.”と言えば家帰るんだなとわかります。

英語ではgoという動詞の後に前置詞をはさまず副詞のhome(家に)となりますが、スペイン語のcasaは名詞なので前にaやparaなどの前置詞が入ります。

aは家まで一直線な感じ。paraだと家の方へというニュアンスですが、どちらも意味は同じ。

関連記事 ▷ 「人に〜する」スペイン語aとparaの違いは英語のtoとforと同じ

study abroadは別の言い方で

英語で「海外留学する」は“study abroad”、海外で勉強するという言い方になります。

「海外で勉強する」をそのままスペイン語にすると「estudiar en el extranjero」となりますが、この言い方はあまり聞いたことがなく、もっとダイレクトな言い方の方がシンプルで自然に思います。

Luis esta estudiando en Francia.
ルイスはフランスで勉強しています。
Luis esta fuera para estudiar ciencias económicas.
アナは経済学の勉強のため他国にいます。

「海外」ではなく「どこの国で」とはっきり伝えるイメージがありますね。

英語にあってスペイン語にない副詞

スペイン語の代表選手の副詞は英語にも存在します。

here=aquí
there=allí/ahí
outside=fuera

英語の“abroad”と“home”にあたるスペイン語の副詞はありませんでした。

英語からスペイン語に変換、またはスペイン語から英語に変換しようとする時は気をつけなければいけないですね。

毎日スマホで手軽に着実に英語の自主学習!ドラマ仕立てで楽しみながら、目的に合わせた英語が学べます。ディクテーションやシャドーイングを通して、力がつくのが実感できますよ。

英検取得なら3級〜1級に対応した新日常英会話コース

▶︎ スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

実践を学ぶならビジネス英会話専用コース

▶︎ スタディサプリEnglish ビジネス英会話

TOEICスコアアップを狙うならTOEIC対策コース

▶︎ TOEICテスト対策コース

  • この記事を書いた人

moni

多言語学習中です。理解度はスペイン語>英語>フランス語。フランス語はほぼゼロからスタート。スペイン語の知識をベースに英語やフランス語を学ぶスタイルになってます。
▶︎自己紹介はこちら

-英語, スペイン語
-

© 2022 多言語学習の窓 Powered by AFFINGER5