【italki】で外国語ネイティブのオンラインレッスンを受けてみませんか?20ドル以上のクレジット購入で10ドルプレゼント!以下リンクからクレジットが受け取れます。

italki公式サイト

英語

That’s a way of saying 英語で「つまり」を表現する言い方

英検2級受験に向けて、スタディサプリEnglish 新日常会話コースでリスニング対策をしています。

レッスンの中に出てきた表現で初めて知ったもの。

That’s a way of saying
要するに つまり

英語で「要するに つまり」を表現する方法です。

「要するに」や「つまり」と言えば、「in other words」や「in short」がよく使われるイメージですが、こんな言い方もあるんですね。

英語の「That’s a way of saying」

辞書を引いても「That’s a way of saying」という表現自体は載っていませんでした。

That is to say
つまり

と同じような用法なのではないかと思います。

「a way of saying」で「言い方」を意味するので、その言い方は〜=つまりみたいなニュアンスなのかなと想像。

アプリのレッスンでは、ある状況を聞いた後に「つまりこういうことか」と返答する場面で出てきました。

たくさんある英語の「つまり」

英語で「つまり」「要するに」を表す言い方はたくさんあります。

That is to say
In other words
In short
In brief
In a word
To sum up
I mean

他にもあるかも。

これらが英語で「つまり」「要するに」と言いたい時に使えます。

スペイン語だと「Es decir」や「O sea」くらいしかない気がするから、英語のつまり系表現の多さにびっくりしたわ。

自分が文章を読んでいてよく見かけるのは、「In other words」と「In short」かなぁ。文章なのでお堅めの表現なのかもしれない。

インタビューなどのカジュアルな場面では、「I mean」はよく聞きますね。

つまり系表現の使いどころ

文章を読んでいると「つまり」を表す「In short」や「In other words」などの英語の表現はよく出てきますが、これらは日常会話では使わなさそうな表現よね。文章ではよく見かけるけど。

「要約して」的な表現を日常会話で使ったら堅苦しいものね。

そんな時は

That is to say
That’s a way of saying
I mean

あたりが使いやすいのかなと思いました。

こういう表現は、英語ネイティブと会話を重ねていかないとなかなか身に付かなさそうだから難しい。

毎日スマホで手軽に着実に英語の自主学習!ドラマ仕立てで楽しみながら、目的に合わせた英語が学べます。ディクテーションやシャドーイングを通して、力がつくのが実感できますよ。

英検取得なら3級〜1級に対応した新日常英会話コース

▶︎ 新日常会話コース

実践を学ぶならビジネス英会話専用コース

▶︎ ビジネス英会話コース

TOEICスコアアップを狙うならTOEIC対策コース

▶︎ TOEIC対策コース

  • この記事を書いた人

moni

多言語学習中です。理解度はスペイン語>英語>フランス語。フランス語はほぼゼロからスタート。スペイン語の知識をベースに英語やフランス語を学ぶスタイルになってます。
▶︎自己紹介はこちら

-英語
-,

© 2022 多言語学習の窓 Powered by AFFINGER5