【italki】で外国語ネイティブのオンラインレッスンを受けてみませんか?20ドル以上のクレジット購入で10ドルプレゼント!以下リンクからクレジットが受け取れます。

italki公式サイト

英語

英語で「バズる」はgo viral「バズる」の語源はbuzz

今日のNHKラジオ英会話で出てきた表現。

go viral
バズる

初めて聞いた英語表現だったので、忘れないうちにメモしておきます。

「SNSでバズる」と英語で言いたい時に使えるそうですよ。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで探す

英語で「バズる」はgo viral

“viral”はvirus(ウイルス)を語源とした言葉らしく、辞書によると

ウイルスの(によって起こる)

という意味を持つそうです。

それが転じて

go viral
ネットや口コミで急速に広まる
=つまりバズる

という意味になるということですね。

「バズる」の語源 buzz

日本語の「バズる」はもともと英語の“buzz”に由来しているそうです。調べて初めて知った...。

“buzz”の意味はこちら。

buzz
ハチなどがブンブンと音を立てる

ハチがブンブンと群れている様子にたとえて、多くの人が騒ぐことをバズると言うわけなんですね。

この“buzz”という単語を使って「バズる」を表現したい場合は動詞“make”が使えるそうだけど、実際はあまり使われていないようですね〜。

making a buzz
バズる

こちらの方が“go viral”よりも「バズってる」っぽく聞こえますけど、バズるは英語から着想した日本語なので英語圏の人にはピンとこないのかもしれないね。

「バズる」ことがあったら使おう

日常生活で「バズる」という言葉を使うことがそもそもないですが、もし何かしらで「バズる」ことがあれば使ってみようと思います。

“viral”を使う場合の名詞がmakeではなくgoなところは注意点かも。

バズりながら突き進めーゴーゴゴー!というニュアンスなんですかね。

この前書いた「脚光を浴びる」という表現と合わせて使えそうな言葉です。

関連記事 ▷ 英語 in the limelight の意味は「脚光を浴びて」

毎日スマホで手軽に着実に英語の自主学習!ドラマ仕立てで楽しみながら、目的に合わせた英語が学べます。ディクテーションやシャドーイングを通して、力がつくのが実感できますよ。

英検取得なら3級〜1級に対応した新日常英会話コース

▶︎ 新日常会話コース

実践を学ぶならビジネス英会話専用コース

▶︎ ビジネス英会話コース

TOEICスコアアップを狙うならTOEIC対策コース

▶︎ TOEIC対策コース

  • この記事を書いた人

moni

多言語学習中です。理解度はスペイン語>英語>フランス語。フランス語はほぼゼロからスタート。スペイン語の知識をベースに英語やフランス語を学ぶスタイルになってます。
▶︎自己紹介はこちら

-英語
-,

© 2022 多言語学習の窓 Powered by AFFINGER5