italkiで外国語ネイティブのオンラインレッスンを受けてみませんか?20ドル以上のクレジット購入で10ドルプレゼント!以下リンクからクレジットが受け取れます。

italki公式サイト

英語 スペイン語

英語の仮定法とスペイン語の接続法は同じ?違いはある?

英語の仮定法を勉強している時、スペイン語の接続法と似てるなと思いました。

そして、英語の仮定法ってスペイン語の接続法なのか?という考えが巡りました。

スペイン語で接続法はsubjuntivoと言いますが、英語で仮定法はsubjunctive moodと言うそうじゃないか。あれ同じやつ?

スペイン語の接続法の方が用法が多く、英語の仮定法の方が覚えることは少なそうだと思いました。

英語の仮定法

英語の仮定法とは、現実とは違う想像や仮定の話題を上げて、「こうだったら〜こうしたのに」という願望をあらわす文や、相手に提案・命令・要求する時の文です。

英語の仮定法は4つの種類があります。

仮定法過去:〜だったら〜したのに
仮定法過去完了:〜だったなら〜していたのに
仮定法未来:もし〜したら
仮定法現在:提案・命令・要求

スペイン語の接続法は新たな動詞の活用になるけど、英語はwouldやcouldを付け加えて表現するので、新しく覚えることがなくていいっすね。

難しいなと思ったのは、相手に「〜してほしい」と言いたい時にwantは「want 人 to do」の形を取れるけど、that節を導く仮定法現在でしか表現できない単語があるということ。suggestとかproposeとか。

スペイン語は相手に〜してほしい系は全て接続法。

スペイン語の接続法

スペイン語の接続法とは、英語の仮定法とほぼ同じで現実的でない事柄や可能性の低い事柄を話したり、相手にお願いや命令をする時に使われます。

接続法理解はスペイン語の肝でして、まずは接続法現在をしっかり理解しないと、B2で接続法過去が出てきた時にジーザス!ってなります。

B1で接続法現在を学習し始めた時はわからなすぎて混乱しました。

その時は英語の仮定法もよくわかっていなかったので、「スペイン語はなんてややこしい言語の使い方するんだコノヤロー」って思ってましたね。

英語の仮定法をきちんと知っていれば、英語の仮定法にプラスされる要素がある程度くらいに覚えられたかもしれません。

スペイン語は接続法になると動詞の活用が変わるので、新たに動詞の活用を覚える必要があります。quieresがquierasになったりとかね。

それでスペイン語の接続法に混乱した私が、まずざっくり覚えたのは以下の6つ。

お願い系の文

私はあなたにXXしてほしいんです系、XXしなさい系の文章は、スペイン語では接続法になります。

英語の仮定法現在と同じになりますが、英語とは違ってwant 人 to doという形はとりません。

Quiero que no fumes aqui.
ここでタバコを吸わないでほしい。

話す人と動作する人が異なる

願望や個人的な感情を表す文で、話す人と動作する人が異なる場合に接続法を使います。

Quiero que vengas.
私はあなたに来てほしい。
Siento que estes triste.
あなたが悲しんでるのを気の毒に思います。

願望や感情が入っていない場合は接続法にはならないので要注意。これは何度も間違えたけど、感覚と経験で覚えていきました。

たとえば

He visto que tu estabas hablando con Ana.
あなたがアナと話してるところを見たよ。

この文は自分の感情ではなく「見た」という事実を伝えているだけなので、接続法にはなりません。

可能性が低い系

可能性が低いもの、それが存在するかどうか不明なものは接続法を使います。

No es cierto que ella venga.
彼女が来るかどうか確かではない。

No es verdadやNo esta seguroなどがよく使われます。

Busco una chica que hable japonés.
日本語を話す女の子を探します。

「日本語を話す女の子」がいるかどうかわかっていないので接続法。いる可能性が低いというより、いるかどうかがその時点では不明なので接続法ということです。

もし〜だったら系

英語の仮定法と同じ用法で、「もし〜だったら」を表す場合は接続法になります。

接続法過去
Si yo fuera tu, no diría a ella.
もし私があなただったら、彼女には言わないでしょう。
接続法過去完了
Si yo hubiera ido a Japón, habría estudiado japonés.
もし日本に行っていたら、日本語を勉強しただろう。

英語のIfにあたるSiの後が接続法なんだけど、めんどいのがカンマの後の文章はcondicional(条件法)になるということ。

ここが英語と違って混乱する部分です。だいいちconditionalってなんなのとプンスカした記憶。

未来に「〜したら」

英語の仮定法未来と同様に未来のことに対して「〜したら」と表現する時は、接続法が使われます。

Cuando lleguemos a Tokyo, vamos a comer ramen.
東京に着いたら、ラーメン食べよう。

未来の話で「〜したら〜する」は全て接続法!

para queと来たら後ろは接続法

目的のpara queとか含意のpara queと言われたりするそうですが、日本語での呼び方はともかく、para queが来たら後ろは接続法と覚えておけばいいです。

よく使われるのは「あなたが〜できるようにxxしておくよ」みたいな文。

Pongo la llave para que cierras la puerta.
あなたがドアを閉めるために鍵置いておくね。

スペイン語の接続法はよく使われる

英語の方が仮定法を使わずともお願いできる表現があったり、感情や願望を表すことができるので、仮定法を使う状況が狭い気がします。

スペイン語は英語のように前置詞を使った言い換えなどがないので、接続法が使われる場面は多いです。

以前スペイン人の友達に「日常で話す会話はほとんど接続法だと思っとけ」と言われたのを思い出しました。

これは大袈裟ですが、確かに現実の会話は接続法だらけです。

毎日スマホで手軽に着実に英語の自主学習!ドラマ仕立てで楽しみながら、目的に合わせた英語が学べます。ディクテーションやシャドーイングを通して、力がつくのが実感できますよ。

英検取得なら3級〜1級に対応した新日常英会話コース

▶︎ スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

実践を学ぶならビジネス英会話専用コース

▶︎ スタディサプリEnglish ビジネス英会話

TOEICスコアアップを狙うならTOEIC対策コース

▶︎ TOEICテスト対策コース

  • この記事を書いた人

moni

多言語学習中です。理解度はスペイン語>英語>フランス語。フランス語はほぼゼロからスタート。スペイン語の知識をベースに英語やフランス語を学ぶスタイルになってます。
▶︎自己紹介はこちら

-英語, スペイン語
-

© 2022 多言語学習の窓 Powered by AFFINGER5