italkiで外国語ネイティブのオンラインレッスンを受けてみませんか?20ドル以上のクレジット購入で10ドルプレゼント!以下リンクからクレジットが受け取れます。

italki公式サイト

英語 スペイン語

ニーチェの名言から英語とスペイン語を学ぶ

偉人の名言から外国語を学んでみようシリーズ。

ドイツの実存主義の思想家、フリードリヒ・ニーチェの言葉です。

Without music, life would be a mistake.

– Friedrich Nietzsche

音楽がなければ、人生は誤りであろう。

-フリードリヒ・ニーチェ

「No Music No Life」的な名言ですね。

ニーチェと言えば「神は死んだ」の名言も有名ですが、冷たい人のイメージがあったので、こんなに熱いお言葉を残していたとは思いませんでした。

ニーチェはもともとワーグナーのファン(ワグネリアンと呼ばれます)で、交流もあったそうです。後にワーグナーに失望し、ワグネリアンを辞めてしまうみたいですが...。

これは仮定法という理解でよろし?

Without musicの部分は「もしなかったとしたら」だから、後の文は「would」が出てくる。

このニーチェの名言をスペイン語にするとこうなります。

[the_ad id="405"]

Sin música, la vida sería un error.

– Friedrich Nietzsche

スペイン語のsinは英語のwithoutと同じく「〜がなければ」を意味する前置詞です。

la vidaが人生(冠詞必要)で、seríaはcondicional(条件法)です。

英語のwouldやcouldに当たる表現がないからか、スペイン語の接続法(英語の仮定法)で「もし〜だったら」の文を作る場合、後半はcondicional(条件法)を使います。

errorは間違い、エラーということです。音楽がない人生はエラー。うむ。

関連記事 ▷ 英語の仮定法とスペイン語の接続法の違いはある?同じ?

ニーチェはドイツの人なので、実際はドイツ語で名言を残したのでしょう。

ドイツ語ではこうなるそうです。

Ohne Musik wäre das Leben ein Irrtum

– Friedrich Nietzsche

ドイツ語は1ミリもわからんー!

毎日スマホで手軽に着実に英語の自主学習!ドラマ仕立てで楽しみながら、目的に合わせた英語が学べます。ディクテーションやシャドーイングを通して、力がつくのが実感できますよ。

英検取得なら3級〜1級に対応した新日常英会話コース

▶︎ スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

実践を学ぶならビジネス英会話専用コース

▶︎ スタディサプリEnglish ビジネス英会話

TOEICスコアアップを狙うならTOEIC対策コース

▶︎ TOEICテスト対策コース

  • この記事を書いた人

moni

多言語学習中です。理解度はスペイン語>英語>フランス語。フランス語はほぼゼロからスタート。スペイン語の知識をベースに英語やフランス語を学ぶスタイルになってます。
▶︎自己紹介はこちら

-英語, スペイン語
-

© 2022 多言語学習の窓 Powered by AFFINGER5