italkiで外国語ネイティブのオンラインレッスンを受けてみませんか?20ドル以上のクレジット購入で10ドルプレゼント!以下リンクからクレジットが受け取れます。

italki公式サイト

英語 スペイン語

セルゲイ・ラフマニノフの名言から英語とスペイン語を学ぶ

偉人の名言から英語を学んでみようシリーズ。

ロシアの作曲家セルゲイ・ラフマニノフの言葉、名言です。

英語バージョンの名言はこちら。

Music is enough for a lifetime, but a lifetime is not enough for music.
-Sergei Rachmaninov

音楽は生涯を満たすのに十分であるが、生涯は音楽を満たすのに十分でない
-セルゲイ・ラフマニノフ

enoughの部分の訳が難しい気がします。

そのまま「満たす」という意味なのか、何か別の単語(「理解する」とか)が省略されているのか。

生涯を持ってしても満足する音楽を作ること、音楽を完成させることはできない。それだけ音楽が深いということなのかなと想像してます。

スペイン語バージョンの名言はこちら。

[the_ad id="405"]

La música es suficiente para toda una vida, pero una vida no es suficiente para la música.
-Sergei Rachmaninov

「suficiente」という単語は個人的に扱いが難しくてですね。

この文はなぜ「lo」が入らないのだろうと思っています。

例えば「私は合格するのにふさわしいくらい勉強しなかった」という文章を作るとき

No he estudiado lo suficiente para aprobar.

と書くんですね。

この「lo」は「para aprobar」するのに十分なくらいのというのを示すらしいのですが、なんで「lo」が入るの?ってずっと思ってました。もう今は「lo」が入るものだとして覚えてしまったけど。

なので今度は、ラフマニノフの言葉をスペイン語にした時になぜ「lo」が入らないんだ?と考えてます。

これも「para toda una vida」を補う「lo」ではないの?

関連記事▷チャーチルの名言から英語とスペイン語を学ぶ

毎日スマホで手軽に着実に英語の自主学習!ドラマ仕立てで楽しみながら、目的に合わせた英語が学べます。ディクテーションやシャドーイングを通して、力がつくのが実感できますよ。

英検取得なら3級〜1級に対応した新日常英会話コース

▶︎ スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

実践を学ぶならビジネス英会話専用コース

▶︎ スタディサプリEnglish ビジネス英会話

TOEICスコアアップを狙うならTOEIC対策コース

▶︎ TOEICテスト対策コース

  • この記事を書いた人

moni

多言語学習中です。理解度はスペイン語>英語>フランス語。フランス語はほぼゼロからスタート。スペイン語の知識をベースに英語やフランス語を学ぶスタイルになってます。
▶︎自己紹介はこちら

-英語, スペイン語
-

© 2022 多言語学習の窓 Powered by AFFINGER5