italkiで外国語ネイティブのオンラインレッスンを受けてみませんか?20ドル以上のクレジット購入で10ドルプレゼント!以下リンクからクレジットが受け取れます。

italki公式サイト

英語 スペイン語

英語とスペイン語の現在完了の違いと例外

最近英語の自習テキストが初級から中級に変わり、マーフィーのケンブリッジ英文法(中級編)を使っています。

created by Rinker
¥2,948 (2022/10/04 18:12:21時点 Amazon調べ-詳細)

今まで英語とスペイン語の現在完了って違うイメージがあったのですが、現在完了を復習していてほぼ同じではないかと思いました。例外は感覚で覚えるしかなさそう。

というわけで、英語とスペイン語の現在完了の違いについて。

現在完了が使われる場面

英語、スペイン語どちらも現在完了が使われる場面は、以下のような場合です。

  1. 〜したことがある
  2. (終わっていない時間軸のできごとについて)〜した
  3. (最近/たった今)〜した
  4. (現在も継続していることについて)〜した

〜したことがある

①は一番わかりやすい使い方の現在完了。「(今までに)〜したことがあります」の文です。

ハワイに行ったことがあります。
英語)I have been to Hawaii.
スペイン語)He ido a Hawaii.

(終わっていない時間軸のできごとについて)〜した

②の終わっていない時間軸というのは、今日、今週、今月、今年などを指します。現在とつながりがあるという捉え方でもOK。

終わっていない時間軸に関して言及する時は、現在完了を使います。

英語は過去形でもいいと思ってたの。だけど、英語でも現在完了を使うみたいですね。

スペインのスペイン語は現在完了形を使います。中南米は現在完了は使わないみたいで、中南米の人たちはこの場合でも過去形を使っていました。

今朝7時に起きました。
英語)I have got up at 7:00 this morning.
スペインのスペイン語)Me he levantado a las 7 esta mañana.
中南米のスペイン語)Me levanté a las 7 esta mañana.

(最近/たった今)〜した

③の最近/たった今したことは、スペイン語では終わっていない時間軸なら現在完了になりますが、英語は過去形でもいいようです。

たった今駅に着きました。
英語)I have just arrived the station.
I just arrived the station.
スペイン語)Just he llegado a la estación.
(Acabo de llegar a la estaciónの方が言い方としてはよく聞く)

(現在も継続していることについて)〜した

④は現在につながる時間軸の中で〜したこと(現在も〜している)を表します。

彼の名前を忘れました。(今も忘れている)
英語)I've forgotten his name.
スペイン語)He olvidado su nombre.

英語で現在完了を使わない例

③のたった今したことは、スペイン語の場合は現在完了で話すイメージです。中南米の人は過去形を使うので過去形でも間違いではないと思うけど、スペインのスペイン語では現在完了でした。

でも、英語はたった今したことでも過去形を使う場合があります。

例えばこちらの文。

今なんて言ったの?
英語)What did you say?
スペイン語)¿Que has dicho?

英語では「What have you said?」ではなく「What did you say?」の方が自然みたいです。

スペインのスペイン語では「¿Que has dicho?」になります。スペインのスペイン語で「¿Que dijiste?」だったら、昨日とかもっと前に言ったことみたいに聞こえます。

中南米は現在完了を使わないらしく、今言ったことでも「¿Que dijiste?」と言います。最初の頃これがわからなくて、「え?今言ったことを質問してるよ?」って聞き返したことがあります。

現在完了形は現在と関係がある

名前の通りだけど、現在完了形は現在と関係がある時間軸で起こってるできごとを表します。

  • 今までに〜したことがある
  • 今日(今週、今月、今年)〜した
  • 最近〜した
  • 〜したし現在も〜している

スペイン語は特にその特徴が強いように思っていたけど、英語も同じでした。

反対に過去のある地点と確実にわかる言及がある場合(例えば昨年、5年前など)は、英語は過去形、スペイン語は点過去になります。スペイン語の線過去は過去の時間軸が表されるのでまた別。

あとは「What did you say?」みたいな例外を体感で覚えるしかなさそう。

毎日スマホで手軽に着実に英語の自主学習!ドラマ仕立てで楽しみながら、目的に合わせた英語が学べます。ディクテーションやシャドーイングを通して、力がつくのが実感できますよ。

英検取得なら3級〜1級に対応した新日常英会話コース

▶︎ スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

実践を学ぶならビジネス英会話専用コース

▶︎ スタディサプリEnglish ビジネス英会話

TOEICスコアアップを狙うならTOEIC対策コース

▶︎ TOEICテスト対策コース

  • この記事を書いた人

moni

多言語学習中です。理解度はスペイン語>英語>フランス語。フランス語はほぼゼロからスタート。スペイン語の知識をベースに英語やフランス語を学ぶスタイルになってます。
▶︎自己紹介はこちら

-英語, スペイン語
-

© 2022 多言語学習の窓 Powered by AFFINGER5